ホーム 小児がん LCIFと「グローバルホープ」のパートナーシップ

LCIFと「グローバルホープ」のパートナーシップ:アフリカにおける小児がんとの闘い


アフリカが抱える問題

 

小児がん患者の80%近くは低・中所得国に暮らしており、こうした国々では、がんを克服できる子どもたちはわずか10%に過ぎません。カナダ、日本、米国などの先進国では、小児がん患者の80%以上ががんを克服しています。幸いなことに、世界では小児がん治療の成功率が高まってきています。しかし、薬剤や治療へのアクセスを向上し、医療提供者を養成し、施設や技術を改善し、社会文化的障壁に取り組むことで小児がんの世界的な生存率を高めるには、まだ多くの仕事が残されています。

グローバルホープとのパートナーシップ

 
国際小児がんデーを祝してマラウイで昼食を出すライオンズ。

LCIFは2019年5月、テキサス小児病院とベイラー医科大学のプログラム、グローバルホープ(Hematology-Oncology Pediatric Excellence:血液腫瘍小児科エクセレンス)と正式にパートナーシップを結びました。2017に始まったグローバルホープは変化をもたらすイニシアチブで、サハラ以南のアフリカで小児がん患者の標準治療を改善しています。

アフリカで小児エイズを治療しているベイラー医科大学の国際小児エイズ・イニシアチブ(BIPAI)と、BIPAIによって確立された各国の政府や保健省との関係を基礎にして、グローバルホープは迅速かつ効果的な治療を可能にしています。その開始以来、7,500人近くの子どもたちが治療を受け、1,500人余りのアフリカの医療専門家が小児血液腫瘍治療の研修を受けてきました。

LCIF理事会は、LCIFとグローバルホープの2年間にわたる戦略的パートナーシップを承認しました。その目的は、サハラ以南のアフリカのがんと血液疾患の子どもたちを治療し、予後を劇的に改善できるよう、アフリカで協力して長期的な能力を養うことです。このパートナーシップは、小児がんと血液疾患の子どもたちの最適な治療に必要とされる総合ケアを効果的に提供できるよう、この地域の医療インフラを強化するために役立つでしょう。

パートナーシップには以下の3つの要素が含まれています。

  1. LCIFが2年間にわたり200万ドルの資金援助を行い、ウガンダ、マラウイ、ボツワナにおけるグローバルホープのインフラ・能力強化事業を支援する。
  2. 現地のライオンズがそれぞれの国内でグローバルホープの活動に参加する。
  3. 共同資金獲得活動によってパートナーシップのための資金を確保する。

LCIFへの寄付を通して、小児がん患者のアウトカムを改善するこのパートナーシップと拡大していく私たちの取り組みをご支援ください。

寄付する