ライオンズ会員、職員、コミュニティの健康と安全は私たちの最優先事項です。

COVID-19への

私たちの対応

をお読みください。

災害援助資金

への寄付を通して、ライオンズが行う援助活動を支援するLCIFに是非ご協力ください。

ホーム リソースセンター ライオンズ公認講師プログラム(LCIP)

ライオンズ公認講師プログラム(LCIP)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、2020年~2021年度のライオンズ公認講師プログラム研修は中止となりました。

ライオンズ公認講師プログラム(LCIP)研修は、LCIPに認定されるライオンズが公認講師資格を得るために通る道筋となる新プログラムです。LCIPを修了したライオンズは、地域別に承認されている研究会(ELLI、ALLI、FDI)、ライオンズクラブ国際協会が主導する研究会*、国際FVDG/DGEセミナー、その他の研修関連イベントにおいて、講師を務める資格を得ます。2020年7月より、LCIP 認定はライオンズクラブ国際協会主導の研究会の講師および FVDG/DGEセミナーのグループリーダーを務める上での必須条件となっています。  

*さらに、国際協会主導の研究会で講師を務めるためには、候補者は英語で意思疎通がはかれなければなりません。  

目的

LCIPの目的は、有能な講師の数を増やすことにより、ライオンズのあらゆるレベルにおいて効果的な研修を一貫して届けると同時に、講師の知識と経験の幅を広め、さらに深めていくための枠組みを提供することです。LCIP研修の目的は、研修を行った経験があるライオンに、認定評価を受ける機会を含めて、講師としての知識と能力を強化し発揮する機会を与えることです。

参加資格

LCIP研修への参加申込みに興味のあるライオンは、以下の要件のうち一つ以上を満たしていなければなりません。

  • 本業として講師または教育者を務めた経験が5年間以上あるライオン
  • 地元でのライオンズの研修(地方ライオンズ・リーダーシップ研究会、クラブ役員を対象とした地区レベルの研修など)で講師を務めたか、フォーラムでライオンズの研修を行った経験のあるライオン
  • FVDG/DGEセミナーのグループリーダーまたはライオンズクラブ国際協会主催の研究会の講師を務めた経験のあるライオン

上記の三つのカテゴリーのいずれにも該当しないものの、ご自分の研修技能向上に関心がある方は 講師育成研究会(FDI)への参加を検討してください。 

どの研修が自分に最も適切かを判断する際に役立つライオンズクラブ国際協会の 「クラスルーム講師の認定の流れ」ファクトシート をダウンロードしてください。

ライオンズ公認講師に期待されること

  1. 以下を含めて(ただしこれらに限定されず)、あらゆるレベルの指導力育成プログラムで講師を務めること。クラブ役員研修、ゾーン・チェアパーソン研修、地方ライオンズ・リーダーシップ研究会、第一および第二副地区ガバナー研修、初級(旧:「芽生える」)ライオンズ・リーダーシップ研究会、上級ライオンズ・リーダーシップ研究会、講師育成研究会、ライオンズ公認講師プログラム、および要請されたその他のプログラム。
  2. 自ら進んで能力向上の機会を求め、上記を含む(ただしこれらに限定されず)あらゆるレベルでの研修を積極的に担当すること。
  3. グローバル・アクション・チーム-指導力育成チームと協力し、所属地域の研修の状況と研修関連のニーズについて、リーダーシップ開発部に定期的に最新情報を提供すること。

参加申込み

以上の条件を満たしているライオンズは、LCIP研修に参加を申し込むことができます。申込書は研修が開催される4カ月前までに公開されます。申込みを希望する場合は、以下のリストより出席が認められている行事の申込書をダウンロードしてください。協会には非常に多くの申込書が寄せられるため、研修に必ず参加できるという保証はありません。さらに、研修への参加は認定を保証するものではありません。

LCIP研修に伴う経費に関する方針

ライオンズクラブ国際協会は、研修の日程に従って食費と宿泊費を負担します。理事会方針に従い、これらの経費の一部に充てるため、参加者は返金不可の参加費US$200.00を支払う必要があります。参加費は、研修開始日の6週間前までに支払わなければなりません。ただし、研修への参加が認められたことを通知する文書を受け取るまでは、払い込まないでください。研修会場への往復交通費およびその他の旅行関連経費も、参加者の自己負担となります。

ライオンズ公認講師プログラム(LCIP)再認定

ライオンズ公認講師プログラム(LCIP)再認定のタイムラインと概要