LCIFの難民・避難民資金 に寄付して、安心と安全を求め助けを待っている世界中の人たちを
支援しましょう。私たちがどのようにウクライナの人々を支援しているかご覧ください。

ホーム ライオンズ広報センター

ライオンズ広報センター

 

ライオンズクラブ国際協会は世界最大の奉仕クラブ組織です。140万人の会員が、人類が直面している最大の課題を克服するために、地域と世界に奉仕しています。

ライオンズクラブ国際財団(LCIF)は、ライオンズクラブ国際協会の慈善部門です。1968年の設立以来、LCIFは、ライオンズの思いやりに満ちた奉仕活動に交付金を提供することでライオンズの奉仕に力を与え、その地域と世界のコミュニティのニーズに応えています。

私たちは、メディアやライオンズを頼りに、人生を変えるようなストーリーを共有し、地域社会に思いやりを行動に移すよう促しています。ここでは、 メディアキット、ロゴ、写真、テンプレート、FAQなど、あなたのストーリーに役立つさまざまなリソースを見つけることができます。

メディアからのお問い合わせやインタビューのご依頼は、 メディア広報チームまでご連絡ください。

メディアキット

メディア(マスコミ)インタビューの質問サンプル、ロゴ、経歴、ファクトシート、写真、プレス資料など、包括的なPR宣伝のためのメディアキットをダウンロードできます。

最新のプレスリリース

 
昨年度、ライオンズクラブは4億9,400万人を超える人々を支援

2022年7月20日 – 2021年7月1日から2022年6月30日までの間に、世界中の4億9,400万人以上の人々がライオンズの支援を受けました。これは前年度の受益者数を100万人以上上回るもので、世界中の140万人のライオンズの揺るぎない献身の賜物です。もっと読む


ライオンズが実り多き奉仕の1年を 第104回ライオンズクラブ国際大会で祝う

2022年7月15日 – 世界最大の人道奉仕団体であるライオンズクラブ国際協会が、カナダ・ケベック州モントリオールで開催した毎年恒例の第104回ライオンズクラブ国際大会において、いくつかのマイルストーンを祝いました。 もっと読む


ライオンズクラブ国際協会が新国際会長として ブライアン・シーハンを選出

2022年7月1日 – 世界最大の奉仕団体、ライオンズクラブ国際協会が、カナダ・モントリオールで開催された第104回国際大会の中で同団体の2022~2023年度国際会長としてブライアン E. シーハンを選出した。 もっと読む


世界中から24人の子供たちが、ライオンズクラブ国際平和ポスター・コンテストの最終選考で入賞者として選ばれました

2022年4月6日 – スロベニア、ラヴネ・ナ・コロシュケム市の女子生徒、アンニャ・ローゼンさん(13歳)は、平和とはどのようなものであるかについて一つのビジョンを持っています。アンニャさんは自分の美術的創造力を生かしてそのビジョンを実現させ、ライオンズクラブ国際平和ポスター・コンテストで大賞を獲得しました。 もっと読む


ライオンズクラブ国際平和作文コンテストにおいて、インド・ケーララ州在住の中学2年生、シュレヤ・ゾイさんが大賞を受賞

2022年4月4日 – インド・ケーララ州在住のシュレヤ・ゾイさん(13歳)は、世界における平和について、独自のアイデアを持っています。シュレヤさんは、自らの力強い作文を通じて、そのアイデアに命を吹き込み、ライオンズクラブ国際平和作文コンテストで大賞を獲得しました。 もっと読む


ライオンズクラブ国際協会はウクライナ難民に支援と希望を届けます

2022年3月9日 - 世界最大の人道奉仕団体であるライオンズクラブ国際協会は、ウクライナで紛争が続いているために住まいを離れることを余儀なくされた、200万人以上の男性、女性、子どもたちへの支援に取り組んでいます。もっと読む


メディア連絡先情報

 
国内・海外メディアからのお問い合わせ
ライオンズクラブ国際協会メディア広報上級スペシャリスト シャウナ・シウダ Shauna.Schuda@lionsclubs.org
地域メディアからのお問い合わせ
地域メディアからのお問い合わせの場合は、地元のライオンズクラブが一番の情報源になると思われます。地元のライオンズクラブを検索してください
メディア以外の方からのお問い合わせ
ライオンズクラブ国際協会について一般的なご質問がある場合は、お問い合わせページをご覧ください。このページでは最も適切な課を見つけることができ、私共のチームがお手伝いいたします。

マーケティング・コミュニケーション

クラブをPRする方法を詳しく学び、必要なツールを手に入れましょう。あなたがマーケティング・コミュニケーション委員長であるか、ただ所属クラブの情報を広めたいライオンであるかを問わず、ライオンズクラブ国際協会は最適なリソースを用意しています。