LCIFの難民・避難民資金 に寄付して、安心と安全を求め助けを待っている世界中の人たちを
支援しましょう。私たちがどのようにウクライナの人々を支援しているかご覧ください。

ホーム 企業の社会的責任(CSR)
力を合わせてより力強く

グローバルなパートナーシップはインパクトの拡大へとつながります

ライオンズクラブ国際協会は、人道奉仕と地域社会奉仕の広く認められたグローバルリーダーとして、企業、財団、政府が確実に大きな変化を生み出せるようにする手段を持った定評、決意、力のある組織です。

ニーズがあるところに ライオンズがいます
 

パートナーシップは私たちの地域社会に根付いています

ライオンズには実績があります。

1917年以来多くの出来事がありましたが、変わらないものが一つあり、それは各地域社会におけるライオンズの奉仕、献身、リーダーシップです。

ライオンズは機敏です。

140万人の会員がいます。48,000のクラブがあります。200余りの国々に存在します。私たちは、各地域社会が直面している独特な課題に迅速に対応できます。

ライオンズはつながっています。

ライオンズはその奉仕する地域社会で暮らし、働いています。私たちは、隣人と恵まれない人々を励まし、奉仕し、支援する方法を知っています。

力を合わせれば、あらゆるCSR目標を達成できます

 

取り組む課題と目的重視
マーケティング・キャンペーン

新しい事業の立ち上げ

ブランド・マーケティング

従業員のボランティア活動

社内募金

大規模な地域社会事業への共同出資

パートナー紹介

 

ライオンズクラブ国際協会は2015年以来エレバンス・ヘルス(旧アンセム社)と提携し、エレバンス・ヘルスの従業員に各地域社会でボランティアに参加する機会を提供してきました。各オフィスは、企業と従業員に価値を持たせる事業に取り組むことで、エレバンス・ヘルスの従業員が暮らし働く地域社会で有意義な変化を生み出しています。

LCIFは2002年以来ジョンソン&ジョンソン・ビジョンと提携し、学校を基盤とする世界最大規模のアイヘルス・プログラム、「サイト・フォー・キッズ」を実施してきました。ライオンズや眼科医療従事者を動員し、貧しい家庭の子どもたちが通う学校で、包括的な眼科医療サービスを提供するものです。視力障害や目の病気の可能性が確認された生徒は、診察のため医療機関に紹介されます。

LCIFと末日聖徒チャリティーズは2018年以来提携し、アフリカ、南米、中東の十分な眼科医療を受けていない人々のため、予防・回復可能な失明の主原因と闘ってきました。既存のインフラの改善と現地の人員の育成を通して費用対効果の高い眼科医療を実現することで、持続可能な眼科医療システムの構築に力を合わせて取り組んでいます。

私たちの仲間

 

私たちはどうすれば、御社のCSRのインパクトを高めることができるでしょうか?

企業パートナーになる機会について、詳しい情報をご確認ください。