ライオンズ会員、職員、コミュニティの健康と安全は私たちの最優先事項です。

COVID-19への

私たちの対応

をお読みください。

災害援助資金

への寄付を通して、ライオンズが行う援助活動を支援するLCIFに是非ご協力ください。

ホーム リソースセンター グローバル・アクション・チーム(GAT)

グローバル・アクション・チーム(GAT)

GATは、ライオンズとライオンズクラブ国際協会との強力な架け橋です。クラブ、地区、リーダーを繋ぎ、さらに奉仕のインパクト向上のためのツールと情報資料へと導くために特別に編成された現場チームです。

GATを知る

GATは継続して情報資料とフィードバックを提供するサイクルです。取り組みの開始からそれがクラブレベルに到達するまで、ライオンズが必要とする変化を取り入れつつ、国際協会の専門知識を提供できる、迅速且つ柔軟性のあるチームとして編成されています。こうして私たちは共に、全てを最高の状態で確実に実行することができます。

現場からのGATのストーリー

ニュージーランド

穴掘り開始!  オレワの地で秘宝探し

/sites/default/files/styles/full_width_image_tablet/public/2019-04/blog_Orewa_header.png?itok=XnXckcm0
/ja/blog/The-Dig-Is-On%21-The-Hunt-for-Orewa%E2%80%99s-Buried-Treasure
続きを読む
穴掘り開始!  オレワの地で秘宝探し

子供なら誰でも、地中に埋もれている宝物を掘り出すことを一度は夢見るものではないでしょうか。そのお宝が、海賊が隠し持っていた金塊の箱であれ、莫大な価値のある遠い昔に消えた貨幣であれ、河原にあった砂金であれ、日常生活を過ごしている場所で何か価値のあるものを掘り出すのは、非常に興味をそそられる行為です。ところがニュージーランドには、毎年恒例の行事として、地中に埋まった宝を掘り当てるイベントが開催されている町があります。ただし本当の宝は、イベントの参加者がシャベルで掘り当てたものというより、宝探しの行為そのものにあります。

インド、ヴィシャカパトナム

思いやりの壁で奉仕を

/sites/default/files/styles/full_width_image_tablet/public/2020-02/GettyImages-1130407010%201400x700.jpg?itok=9Gj1jikn
/ja/blog/Building-Service-with-Walls-of-Kindness
続きを読む
思いやりの壁で奉仕を

自宅で不要になったものを寄付するのは、それを必要とする人の手に渡すための最善の方法です。そこで、インドのヴィシャーカパトナムを拠点とする、ヴィシャーカパトナム・ライオンズクラブは、グローバル・アクション・チーム(GAT)の支援を受けて、寄付された品物を「どこで」「どのようにして」ニーズのあるところにつなげるかという問題に対する独創性あふれる解決策を考えだし、地域で実行しました。

トルコ

Facebookを使ってライオンズの奉仕の手を広げる

/sites/default/files/styles/full_width_image_tablet/public/2019-09/Turkey%20Lions.HEADER.jpg?itok=uGE_g_hT
/ja/blog/Widening-the-Reach-of-Lions-through-Facebook
続きを読む
Facebookを使ってライオンズの奉仕の手を広げる

セデフ・エンデ博士は、トルコのイズミル県にあるイズミル・ゲズテペ・ライオンズクラブの会長で、グローバル・アクション・チーム・ファシリテーターも兼任しています。エンデ博士が昨年の11月にFacebookで自身のページを見ていた時、子供たちの笑顔の写真がふと目に留まりました。そこで調べてみたところ、その子供たちは、ディヤルバクルの小学校教師、ハサン・カルタル氏の生徒であると分かりました。笑顔は、カルタル先生が生徒たちへの授業に情熱と創造性を注いだ結果、湧き起こったものだったのです。 

ケニア

ライオンズのGATはケニアでも糖尿病対策に奮闘

/sites/default/files/styles/full_width_image_tablet/public/2018-11/Resized%20-%20Kenya%20-%20Diabetes.jpg?itok=hVqdTWxI
/ja/blog/gat-kenya-blog-november
続きを読む
ライオンズのGATはケニアでも糖尿病対策に奮闘

大きな課題には大掛かりな解決策が必要です。そこでケニアの首都ナイロビのライオンズは、糖尿病撲滅の活動の中でグローバル・アクション・チーム(GAT)に協力を求めました。

米国イリノイ州

あなたのクラブのグローバル・アクション・チームの力を活用しよう

/sites/default/files/styles/full_width_image_tablet/public/2019-03/Blog_GAT_header.png?itok=GhZFt4tT
/ja/blog/Harness-the-Power-of-the-Global-Action-Team-in-Your-Club
続きを読む
あなたのクラブのグローバル・アクション・チームの力を活用しよう

あなたのライオンズクラブに奉仕、会員増強、指導力育成のための働きを総括するためのリソースが備えられていることを知っていますか?その力強いリソースとは、グローバル・アクション・チーム(GAT)です。あなたのクラブの会長と副会長を含む役員の数名が、グローバル・アクション・チームを指揮する役割についています。

米国ミネソタ州

奉仕への新たな道筋を

/sites/default/files/styles/full_width_image_tablet/public/2019-05/Service_Journey_blog_header.png?itok=-9BXtY9Z
/ja/blog/Discovering-New-Paths-to-Service
続きを読む
奉仕への新たな道筋を

世界糖尿病デーは11月14日です。2型糖尿病のスクリーニング検査を100万人が受けられるよう支援するため、私たちは国際糖尿病連合(IDF)と提携しています。さらに私たちのクラブは、地域社会で、職場で、そしてさまざまな学校のキャンパスにおいてさえも日々多彩な活動を展開し、糖尿病対策に貢献しています。

メキシコ、グアナフアント

小児がんの危機的状況に関するレオの訴えがきっかけで子どもたちを救うキャンペーンが拡大

/sites/default/files/styles/full_width_image_tablet/public/2020-07/Untitled%20design.png?itok=PDqDZCNM
/ja/blog/Leos-Close-Call-with-Cancer-Inspires-Campaign-to-Help-Children
続きを読む
小児がんの危機的状況に関するレオの訴えがきっかけで子どもたちを救うキャンペーンが拡大

その場にいた誰もが、目を潤ませていました。ボリビアのラパスで開催されたFOLAC(中南米)フォーラムの最終総会で、レオであるマリア・ホセ・グティエレス・アラウホ(マホ)がスピーチを終えたとき、小児がんと闘っている子どもたちに対する彼女の奉仕の様子を聞いた聴衆は皆、感動しました。人の心を動かすのはそう簡単にできることではありませんが、17歳でメキシコのグアナフアト・レオ・クラブの初代会長を務めていた彼女は、人は年齢に関係なく、大勢の人を感動させられることを証明しました。

ストーリーを共有

*注意:これは地区補助金申請のための提出ではありません。補助金を受け取るためにストーリーを提出することを検討している地区GATメンバーは、地区補助金ウェブページへアクセスしてください。