ホーム 各種交付金 小児がんパイロット交付金プログラム

小児がんパイロット交付金プログラム

毎年、30万人の子どもたちががんと診断されています。小児がんの生存率を高めるには、小児がんの患者と家族が想像を絶するような社会的、経済的、感情的な負担を抱えている期間、彼らを支える必要があります。 

私たちの戦略

 

ライオンズ地区および複合地区を対象に、1万ドル~15万ドルの交付金が提供されます。 事業は、既存の公営/慈善小児がん医療施設と連携または協力して実施されなければなりません。 

小児がん交付金プログラムは、直接医療費を提供するものではありません。 申請者が医療機器やインフラを伴う事業の実施を希望しているのであれば、LCIFマッチング交付金プログラムによる資金援助を申請できる可能性があります。

 

事業例には以下が含まれますが、これらに限定されません。

  • 医療施設の児童・ティーンエイジャー・家族用の待合室を建設・拡張・改修
  • 子どもの治療中に家族が休息・宿泊・自炊できる部屋や住宅を建設・拡張・改修
  • 治療へのアクセスを強化、または治療施設との往復を容易にする事業
  • 医療施設で治療を受けている小児がん患者に教育や娯楽を提供する事業
  • 緩和ケアを支援するインフラ

申請および締切日

小児がん交付金の申請は、1月・5月・8月開催のLCIF理事会会議が始まる90日前までに行われなければなりません。

子どもの暮らしを支援

子どもたちには私たちが必要です。力を合わせれば、がんと診断された何千人もの子どもたちの暮らしを変えられます。

今すぐ寄付する