安全に奉仕するためのヒントやツールについては、安全に奉仕するためのリソースのページをご覧ください。
また、LCIFへ寄付することにより、自宅で安全にライオンズの奉仕活動を行うことができます。

ホーム 平和作文コンテスト

国際平和作文コンテスト

国際平和作文コンテストは、目の不自由な青少年に平和への思いを表現する機会を与えるもので、世界中のライオンズクラブの主力事業となっています。ライオンズは地元の学校や家族と協力して、このコンテストへの参加に関心があり、恩恵を受ける可能性のある青少年を探しています。大賞受賞者(1人)には、アワードと5,000ドルが贈られます。

2021~2022年度コンテスト

私たちはみんなつながっている

前例のない世界的なパンデミックによってもたらされた新たな課題を克服しながら、私たちはみんな世界中で、お互いに、そして地域社会に、私たちを結びつけていることを祝っています。今年は、視覚障害のある青少年に、これらのつながりを探求し、表現するよう呼びかけます。

 

コンテストのガイドライン

11月15日の時点で年齢が11~13歳の、目の不自由な生徒に参加資格があります。必要事項をすべて記入した応募用紙と併せて、作文をご提出ください。作文は、英語で500語以内にまとめられており、ダブルスペースで黒のインクを使ってタイプされていることが条件です。

詳しい規定と応募用紙


 

2020~2021年度作文コンテスト大賞受賞者

「奉仕で平和を実現しよう」

ジョシュア・ウッド
13歳
オーストラリア

スポンサー:ブリスベン・カンフィル・カーリンデール・ライオンズクラブ

 

過去の受賞者

過去のコンテスト大賞受賞作文と受賞者をご紹介しましょう。

  • 2019-2020年度 「平和への道のり」ジョセフ・クリッチロー、13歳: 作文を読む | ビデオを観る
    スポンサー: リバプール市ライオンズクラブ、イギリス

  • 2018-2019年度 「思いやりは大切なこと」ミケイラ・アンスリー、11歳: 作文を読む | ビデオを観る
    スポンサー: ブライス・ライオンズクラブ、カナダ

  • 2017-2018年度 「平和の未来」イーライ・ポッター、13歳: 作文を読む | ビデオを観る
    スポンサー: デラウェア・ライオンズクラブ、米国オハイオ州

  • 2016-2017年度 「平和、万歳」 チャーリー・ブルスコッター、12歳: 作文を読む
    スポンサー: デラウェア・ライオンズクラブ、米国オハイオ州

  • 2015-2016年度 「平和を分かち合おう」ジョエル・グリーク、 12歳: 作文を読む
    スポンサー: ゴードンベイ・ライオンズクラブ、南アフリカ共和国

  • 2014-2015年度 「平和・愛・理解」ジェイレン・バラード、12歳: 作文を読む
    スポンサー: シルバニア・サンライズ・ライオンズクラブ、米国オハイオ州

  • 2013-2014年度 「私たちの世界、私たちの未来」 アシシ・カーキ、12歳: 作文を読む
    スポンサー: カトマンズ・レームチャップ・ライオンズクラブ、ネパール

  • 2012-2013年度 「平和を想像しよう」 マウラ・ロバーグ、11歳: 作文を読む
    スポンサー: ウェイン・ライオンズクラブ、米国ネブラスカ州ウェイン

  • 2011-2012年度 「子供たちは平和を知っている」 ミカエラ・スミス、12歳: 作文を読む
    スポンサー: チェスタートン・ライオンズクラブ、米国インディアナ州

  • 2010-2011年度 「平和が生み出す力」エイミー・ボスコ、12歳: 作文を読む
    スポンサー: ビラ・パーク・ライオンズクラブ、 米国イリノイ州