安全に奉仕するためのヒントやツールについては、安全に奉仕するためのリソースのページをご覧ください。
また、LCIFへ寄付することにより、自宅で安全にライオンズの奉仕活動を行うことができます。

ホーム The Lions Blog 詐欺から身を守ろう

詐欺から身を守ろう

ビル・ハツォス 2月 18, 2021

電話、携帯電話のショートメッセージ、ソーシャルメディア、Eメールなどを使った詐欺の件数が、ここ数カ月で急増しています。ライオンズクラブ国際協会(LCI)やライオンズクラブ国際財団(LCIF)の名称やロゴ、その他信頼のある組織または著名な組織の名称を不正に使って人をだます詐欺に注意してください。この種の詐欺の目的は、他人の名前をかたって人を騙して個人情報や金融情報を搾取し、その情報を使ってなりすまし犯罪を行なうことです。

不審なEメール、携帯電話のショートメッセージ、小切手、ソーシャルメディアのメッセージを受け取った場合は、以下のガイドラインに従って処理してください。

  • メッセージへの返信はやめてください。またメッセージの添付ファイルを開いたり、リンクをクリックしたりすることも慎んでください。
  • あなたが借りていた金額以上の額面の小切手や小為替を引き受けるという申し出や、小切手の振出人に返金してほしいという要求には警戒してください。
  • 予定していないのに突然届いた小切手をすぐに換金するのは控えましょう。小切手の到着を予定しており、間違いなく自分あての小切手であることが確認できない限り、その小切手で入金しないでください。
  • 寄付金、債務の救済、金融支援など、約束事の前払いはしないでください。

不審なメッセージを削除し、返信はしないでください。内容によっては、管轄当局に報告し、詳しい捜査を求める手段もあります。例えば以下のようなメッセージだった場合です。

  • 給付金を受け取るために個人情報を提供してほしいという趣旨の、携帯電話のショートメッセージやFacebookの通知。
  • 予定していないのにライオンズやLCIFの名義で振り出された小切手で、正当な銀行支店コードなどが記入されていて一見まともそうなもの。
  • お金に困っているので送金してほしいという、知人からのEメールや携帯電話のショートメッセージ。
  • ライオンズやスタッフを装った加害者が、電話で寄付を求めてくる場合。

残念ながら詐欺に遭い、お金を奪われた場合は、すぐに銀行に連絡し、何らかの支援をしてもらえるかどうかを確認してください。

自分の身は自分で守りましょう

  • 電話、携帯電話のショートメッセージ、ソーシャルメディア、電子メールなどで知らない人から連絡があった場合、その人がどれほどまともそうであっても、個人情報は絶対に教えないようにしてください。個人情報とは例えば、パスワード、社会保障番号、国民としての個人番号、クレジットカード番号、銀行口座番号、運転免許証番号、パスポート番号などを指します。
  • 迷惑メールを受け取った場合の一般的な注意点として、メールに書かれているリンクをたどる操作は実行しないでください。特に、クレジットカード情報、個人情報、暗証番号、パスワードの更新に関する記述がある場合は、一層注意してください。この種のメールは直ちに削除してください。
  • ウェブサイトにリダイレクトされる場合は、リダイレクト先のURLアドレスの冒頭が 「https:」であることを確認してください。「http」に続いて「s」の文字が入っているのは、安全なサイトであることを示しているので、正当なサイトである可能性が高いです。URLが安全でない場合は、ブラウザを直ちに閉じてください。
  • 他のクラブ会員やLCI本部から、Eメール、携帯電話のショートメッセージ、ソーシャルメディアなどで連絡があり、資金援助や電信送金などを要請する文面が含まれていた場合は、そのメッセージには返信しないでください。Eメール、電話、MyLCIコミュニケーションセンターなどを使ってそのクラブ会員やLCI職員に別途連絡を取り、その要請が正当なものかどうかを確認してください。
  • PCやMacにはウイルス対策ソフトを必ず導入してください。
  • コーヒーショップ、レストラン、インターネットカフェなどで公共のWi-Fiシステムを使用する際は、注意が必要です。そうした公共向けシステムでは、認証されていない不正な通信の監視やそうした通信からユーザーを守る施策は全く行っていません。
  • Eメール、ソーシャルメディア、その他オンラインアカウントに強力なパスワードを設定し、そのパスワードは頻繁に更新しましょう。
  • パスワード、銀行口座の情報、クレジットカード番号は絶対にEメールに保存しないでください。
  • 予定していない小切手を受け取った場合は、入金せずに小切手の送付元に連絡し、その小切手の受取人は本当に自分でいいのかどうかを確認しましょう。
  • 全く見知らぬ人物からLCIまたはLCIFを代表して送金するようにという依頼があった場合は、ヘルプデスクに連絡してください。

寄付したい場合は、地元のクラブを通じて、またはlcif.org/donateからオンラインで寄付してください。

詐欺が疑われる場合、または不明な点がある場合は、privacy@lionsclubs.orgまでメールでご連絡いたただくか、または630-203-3847までお電話ください。


ビル・ハツォスは、ライオンズクラブ国際財団(LCIF)のシニアマーケティングスペシャリストです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、世界中の地域にさまざまな影響を与えています。私たちがどこにいても安全に奉仕できるようにするため、ライオンズは疾病管理センター、世界保健機関、または地方自治体のガイドラインに従う必要があります。あなたの地域で安全に奉仕するために役立つ情報ページ安全に奉仕するためにをご覧ください。