LCIFの難民・避難民資金 に寄付して、安心と安全を求め助けを待っている世界中の人たちを
支援しましょう。私たちがどのようにウクライナの人々を支援しているかご覧ください。

ホーム The Lions Blog 癒しへの道
思いやりは、大切なこと

癒しへの道

アンマリー・マニオン 2022 年 04 月 01 日
イングランドのリッチフィールド・ライオンズクラブは、支援が不足していた時期に最も弱い立場の人々に支援の手を差し伸べて思いやりを示しました。

家庭内暴力の被害者が助けを求めたとき、ライオンズがそこにいました

 

ライオンズの優れたプロジェクトを表彰する、「思いやりは大切なこと」奉仕アワード
2020-2021年度「思いやりは大切なこと」奉仕アワード(KMSA)を、イングランドのリッチフィールド・ライオンズクラブも受賞しました。このライオンズクラブは、支援が不足していた時期に最も弱い立場の人々に支援の手を差し伸べて思いやりを示しました。

コロナ禍によって、家庭内暴力の影響を受けた家族(主に女性と子供)の数が劇的に増加しました

KMSAは、グローバル重点分野の1つにおいて地域社会に良い影響を与えた革新的で創造的な奉仕事業を表彰するものです。

手を差し伸べる
2020年のコロナ禍でも、イングランド・リッチフィールドのライオンズはソーシャルディスタンスを取りながら困っている人たちへの支援を続けました。

新型コロナウィルス感染症の発生からほどなくして、社会的孤立の影響が出始めました。家庭内暴力や性的虐待の影響を受けた大人や子供を支援する地元の組織パスウェイ・プロジェクトは支援を必要としていました。

「コロナ禍によって、家庭内暴力の影響を受けた家族(主に女性と子供)の数が劇的に増加しました」とライオンのジョン・メイさんは言います。「その数は3倍になっていました。さらに悪いことに、パスウェイ・プロジェクトのスタッフの多くがコロナの影響を受け、自治体が被害者を適切な支援団体に紹介することができなくなっていました」

困っている人たちのために基本的な宿泊施設は確保できたものの、それ以外の食料、衣料、家電、家具など、重要なニーズに対応するための資金はほとんどありませんでした。

そのとき、リッチフィールド・ライオンズが、視覚障害者に週20時間分のニュース、情報、エンターテイメントをUSBスティックで提供するリッチフィールド・トーキングニュースと提携して支援の手を差し伸べたのです。

家族の安全を守る
ライオンズとトーキング・ニュースはどちらもすでに地元で知られ、信頼されているため、家庭内暴力の被害者を支援する関係者が彼らに助けを求めるのは当然のことでした。

ライオンズは、「リッチフィールドとその近郊の助け合い」というFacebookグループを主催するリッチフィールドの住民、エレイン・ハッチングスさんと協力して取り組みを検討しました。

「エレインさんと話し合った後、被害者が自分で食事を用意するために不可欠な調理器具や冷蔵庫といった白物家電の提供を開始しました」とメイさんは言います。

また、数家族を訪問後、石の床の上で寝ている子供たちがいることを知り、アマゾンでベッドを購入して寄付しました。

現時点で、ライオンズは一家族につき約350ポンド(477ドル)、約90家族に支援を提供しています。しかし、資金は既に底をついており、メイさんはより多くの資金の獲得に取り組んでいます。

被害者の家族が安全に、地域によって守られて暮らしているのを見ると、努力する価値があると感じます。

「数週間が経って安全であることを感じると、多くの人が人生に対する信頼と、自分たちのための支援に感謝の気持ちを持つようになります」とメイさん。

家庭内暴力にさらされている人にとって、そこから抜け出すことは非常に困難です。彼らには物だけでなく、思いやりも必要なのです。安らげる場所があり、地域社会が自分たちを見てくれていること、気にかけてくれていると感じられる。それが本当に重要なことです。

思いやりの事例
受賞したクラブはすべての会則地域の代表であり、ライオンやレオであることがいかに有意義であるかを示しています。受賞者一覧をご覧ください。


アンマリー・マニオンは、フリーライターで、シカゴ・トリビューン紙の元記者。ライオンズの優れた業績を執筆中。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、世界中の地域にさまざまな影響を与えています。私たちがどこにいても安全に奉仕できるようにするため、ライオンズは疾病管理センター、世界保健機関、または地方自治体のガイドラインに従う必要があります。あなたの地域で安全に奉仕するために役立つ情報ページ安全に奉仕するためにをご覧ください。