安全に奉仕するためのヒントやツールについては、安全に奉仕するためのリソースのページをご覧ください。
また、LCIFへ寄付することにより、自宅で安全にライオンズの奉仕活動を行うことができます。

ホーム The Lions Blog コロナ禍の中で平和ポスター・コンテストを開催するための六つのヒント
詳しく見る

コロナ禍の中で平和ポスター・コンテストを開催するための六つのヒント

Kristopher Kempski 2020 年 08 月 10 日

世界中のライオンズは過去30年間以上に渡って、地域の学校や青少年団体でライオンズ国際平和ポスター・コンテストを主催してきました。2020~21年度のコンテスト「奉仕で平和を実現しよう」を進めていくにあたり、今年度新たに直面している課題は、新型コロナウイルス(COVID-19)が大流行する中においてコンテストを主催するということです。

社会的距離の確保、Zoomミーティング、ソーシャルメディアなどを通じて、ライオンズは安全を保ちつつ奉仕してきました。平和ポスター・コンテストを主催するにあたっても、同じように安全を保つようお勧めします。

以下のヒントを参考にしてください。

  • 学校や青少年グループの責任者にEメールまたは電話で連絡を取り、今年度のコンテスト参加を確認し、支援を行う。
  • Eラーニングを実施する学校に、コンテストの規定と手引きをオンラインで提供し、参加を呼びかける。生徒たちはポスターを自宅で仕上げ、指定した学校の担当者に届けることができる。
  • 参加校または青少年グループの担当者に氏名、Eメールアドレス、電話番号を提供し、担当者からポスターを回収して地区の審査に回すための計画を立てる。
  • (クラブ、地区、複合地区レベルで)コンテストの審査を行うにあたっては、地域の集会や社会的距離確保のガイドラインに従うこと。
  • コンテスト審査をオンラインで行うことも検討する。応募作の写真を撮影し、(ブラインド審査なので)生徒の名前を書かずにFlickr、Googleフォトなどのオンラインフォトギャラリーに投稿する。ギャラリーへのリンクと採点表を審査員に送信し、Eメールで返信してもらう。
  • ポスターの画像を地域の報道機関に公表し、ソーシャルメディア(Facebook、Instagram、Twitterなど)に「#PeacePoster」のハッシュタグを付けて投稿することにより、地域の受賞者を表彰する。

現在の状況に合わせて、コンテストの開催方法を工夫するため画期的な方法をとっていますか? その様子をお伝えいただければ幸いです。ソーシャルメディアで、写真やストーリーを「#PeacePoster」のハッシュタグを付けて投稿するか、peaceposter@lionsclubs.orgまでEメールを送信してください。

さあ、10月1日の注文締切日までに間に合うよう、平和ポスター・キットをオンラインで購入しましょう。

また、平和作文コンテストについて知るため協会ウェブサイトにアクセスし、平和作文コンテスト規定及び応募用紙をダウンロードしてください。

絶え間なく平和と国際理解を推進し、地域社会の青少年を支援してくださっていることに感謝いたします。


クリストファー・ケンプスキはライオンズクラブ国際協会のモーションメディア広報上級スペシャリストです。