ホーム 視力保護 眼病との闘い

眼病との闘い

回避可能な失明によって誰も苦しまなくなる未来を、LCIFは思い描いています。その実現に向けて、専門家、主要パートナー、LCIFのリーダーとスタッフは、継続的に視力関連事業の開発と見直しを行っています。LCIFのあらゆる視力関連の交付金プログラムには、その対象となる視力問題に関する総合的な知識が反映されています。そして、それぞれに明確に設けられた目的と目標は、ニーズの変化に応じて更新されていきます。情報に基づき、焦点の明確な戦略を綿密に練らなければ、数百万人を苦しめている深刻な眼病との闘いに勝利を収めることはできません。

 
 

白内障

世界中で視覚障害の主原因となっています。
詳細を見る

子どもの失明

世界中で約140万人の児童が失明しています。
詳細を見る

糖尿病網膜症

3億8,200万人の糖尿病患者のうち、半数近くが生涯の間にある程度の視力低下を発症します。
詳細を見る

教育とリハビリ

教育やリハビリを受けることができるのは、世界の失明者の10人に1人に過ぎません。
詳細を見る

アイヘルス教育

数百万人の人々が、治療の必要な病気に気付いておらず、または治療を受ける方法を知らないでいます。彼らを支援するには、質の高い教育が不可欠です。
詳細を見る

ロービジョン

世界中には弱視の人々が2億4,600万人近くいますが、適切な処置を受けているのはその5~10%に過ぎません。
詳細を見る

研究

優れた研究は、LCIFのプログラムの改善につながります。また、世界中で行われる失明予防活動にも役立つでしょう。
詳細を見る

河川盲目症

河川失明症の感染者は3,700万人近くに達しており、アフリカと中南米ではさらに1億人が感染のリスクにさらされています。
詳細を見る

トラコーマ

予防可能な失明の世界最大の原因であり、約800万人がこの病気のために回復不能な失明に陥っています。
詳細を見る

未矯正の屈折異常

容易に矯正できるにも関わらず、世界の視力障害の43%を占め、半数の人々は検査も処置も受けていません。
詳細を見る

 

 

 

 

ご参加ください

ライオンズはこれからも、視力という貴重な贈り物を守り続けていきます。彼らの歴史的な取り組みを支援するため、どうぞご寄付をお願いいたします。

今すぐ寄付