ライオンズ会員、職員、コミュニティの健康と安全は私たちの最優先事項です。

COVID-19への

私たちの対応

をお読みください。

災害援助資金

への寄付を通して、ライオンズが行う援助活動を支援するLCIFに是非ご協力ください。

ブラジルのビーチ競技大会でのチームワーク

LCIF Marketing 10月 15, 2017
São Paulo
Brazil

The best thing of this tournament was to see athletes of different levels of ability competing.

昨年11月、ブラジルの砂浜である式典が行われました。スペシャルオリンピックス・ビーチ競技大会が、海辺で行われる新しい形の競技会として、ブラジル最大の都市サンパウロのサントスビーチで開催されました。130名のライオンと30名のレオと共に、320名を超えるスペシャルオリンピックス選手が金メダルを目指して競いました。
人々の「違い」と「共通点」の両方を受け入れるこの大会は、スペシャルオリンピックスのユニファイドスポーツプログラムの一部として行われるものです。ユニファイドスポーツは、チームスポーツを通じて世界中でインクルージョンを促進しています。競技には、知的障害の有無に関係なく選手が参加します。一緒に競技することを通じて、さまざまな背景をもつ選手がお互いを理解し始めます。

ビーチ競技大会は刺激的な開会式で始まりました。代表団の行進、スペシャルオリンピックス・ブラジルやライオンズ、地元当局の代表者による感動的なスピーチ、そして選手による聖火リレーも行われました。選手や審判員による宣誓の後、観衆は陽気な音楽や文化的なパフォーマンスを楽しみました。その中心で、スペシャルオリンピックス・インターナショナルとライオンズクラブ国際協会(LCI)の旗が誇らしげに波打っていました。

3日間にわたり、浜辺で選手たちはボッチやビーチサッカー、水泳、ビーチバレーなどの競技に参加しました。ライオンズとレオは、すべての競技でスペシャルオリンピックス選手とチームを組んで連携。ビーチ競技大会にボランティアとして参加するレオもいました。

ブラジルのレオ、アルメイダ・シルバさんは選手への水分補給を担当し、誇り高き選手たちの競技を楽しみました。「この競技会で一番すごいと思ったのは、さまざまな能力レベルの選手の競技を観戦したことです」と、アルメイダ・シルバさんは言います。「メダルを授与された時の誇らしげな選手たちを目の当たりにできたのは素晴らしい体験でした」

スペシャルオリンピックス・インターナショナルチームのメンバーであるライオンのケスター・エドワーズ氏とクリスチャン・ギュレット氏が創設したブラジルでのビーチ競技大会は大成功を収めました。現在、世界中の地域で実施されつつあるこの大会は、「ミッション:インクルージョン」の一角を成すものと期待されています。スペシャルオリンピックス・インターナショナルとライオンズクラブ国際協会のパートナーシップの一部であるミッション:インクルージョンは、スポーツと奉仕を通じて、障害の有無を問わない社会参加を促進するものです。今後この大会に採用されるスポーツの候補として、パドルボード、カヤック、セーリング、トライアスロンが挙げられています。採用されるスポーツは、ビーチ競技大会が行われる地域によって異なります。地域で人気のあるスポーツがビーチ向けにアレンジされる可能性もあります。

将来あなたの地域でもビーチ競技大会が開催されるかもしれません。LCI とスペシャルオリンピックス・インターナショナルは、知的障害者のために前向きな変化を生み出す強力なパートナーシップを築いています。そしてそれは一層強化なものとなりつつあります。

世界最高のストーリーを

毎月発行されるライオン誌では、感動的なストーリーを紹介することで、ライオンズが各地域社会と世界中にもたらしているインパクトを伝えています。