メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Lions Clubs International
フッターへジャンプ

ミッションと歴史

ミッションと歴史

We Serve

使命声明文

ライオンズクラブを通じて、ボランティアに社会奉仕の手段を与え、人道的ニーズを満たし、平和と国際理解を育む。

ビジョン声明文

地域社会と人道奉仕におけるグローバル・リーダーを目指す。


歴史

1917年、アメリカ・シカゴ実業界の38歳のリーダー、メルビン・ジョーンズは、地元のビジネスクラブのメンバーに、仕事の問題を超えて、地域や世界をよりよくするために貢献していくべきだと話ました。ジョーンズが所属していたシカゴ・ビジネス・サークルは、この考えに賛成しました。

アメリカ国内の同様のグループに連絡を取ったのち、1917年にイリノイ州シカゴで組織的な会合が開催されました。この新しい組織は、招待された団体のひとつである「ライオンズクラブ協会」の名をとり、同じ年の10月、アメリカ・テキサス州ダラスで全国大会が開かれました。会則、付則、目的、そして道徳綱領が承認されました。

その後3年間で、ライオンズクラブは国際的な団体に成長しました。以来、私たちは高潔性と透明性という点で高い評価を得てきました。ライオンズクラブは堅実なビジョン、明確なミッション、そして誇りを持てる長い歴史のある、健全運営された組織です。

1917年の創設

メルビン・ジョーンズは、自らの才能を地域改善のために活用できないだろうかという、シンプルでありながらも世界を変えるような質問を投げかけました。それから約100年、ライオンズクラブ国際協会は46,000を超えるクラブで活躍する135万人以上の会員を擁する世界最大の奉仕クラブ組織に発展し、地域社会の改善に力を合わせようという創設当初と同じシンプルな考えのもとに無数の奉仕を行ってきました。

1920年:国際化への流れ

創設から3年後、カナダに1つ目のライオンズクラブが設立され、ライオンズは国際的な団体となりました。1927年にはメキシコがその後に続きました。1950年代と1960年代にはヨーロッパ、アジア、アフリカで新しいクラブが結成され、ライオンズは国際的な発展を遂げました。 

1925年:失明の根絶 

米国オハイオ州シーダーポイントにおけるライオンズクラブ国際大会で講演をしたヘレン・ケラーがライオンズに対し、「暗闇と闘う盲人の騎士」となるよう呼びかけました。それ以来、私たちは失明者など視覚障害者への援助に力を注いでいます。

1945年:国々の連合

国際団体の理想は、国連との持続的な関係によって裏付けられます。ライオンズは国際連合が協力を求めてきた最初の非政府組織の一つとして国際連合憲章の起草に助力しました。それ以来、国連の仕事をサポートしています。

1957年:青少年プログラムを組織

1950年代後半、世界中の青少年がボランティア活動を通して能力を引き出せる機会を提供する目的で、私たちはレオ・プログラムを組織しました。現在世界140か国以上にある5,700のレオクラブで、およそ144,000人のレオ会員が活動をしています。

1968年:ライオンズの財団創設

ライオンズクラブ国際財団は世界規模及び地域で行われる大規模な人道奉仕事業に取り組むライオンズを援助します。財団を活用してライオンズは、地域の、そして世界各地のニーズを満たしています。

1990年:視力ファーストに着手

視力ファーストの活動を通じてライオンズ会員は、世界規模で視力の回復と失明の予防に取り組んでいます。1990年に着手したこの取り組みのために、ライオンズは3億4,600万ドルを超える資金を集めています。視力ファーストは失明の主な原因である白内障、トラコーマ、河川盲目症、小児失明症、糖尿病性網膜症、緑内障と戦っています。

現在:援助の手を差し伸べよう

ライオンズクラブ国際協会は日々奉仕のミッションの対象を、地域社会と地球上のあらゆる場所へと広げています。ニーズは大きく、それらに応えるべく私たちは視力、保健、青少年、高齢者、環境、災害救援等、幅広い奉仕を行っています。ライオンズの国際規模のネットワークは200を超える国々及び地域をつなぐものへと広がっています。

トップへジャンプ