メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Lions Clubs International
フッターへジャンプ

ライオンズのアドボカシー活動の歴史

ライオンズのアドボカシー活動の歴史


ジェリー・モラン米上院議員がライオンズクラブ国際協会の創立100周年を記念する超党派決議案を提出しました。
  • 1968年、リンドン・ジョンソン米大統領政権によって米国国立眼研究所が設立されました。ライオンズは、約10万通の書簡と電報を議会に送って、新しい眼研究所に対する賛成投票を促しました。これについては、『米国立眼研究所の歴史1968~2000』の13~18ページにかけて取り上げられています。  
  • ジェリー・モラン上院議員の提唱によるライオンズ写真展が、2011年11月14日から一週間、ワシントンDCのラッセル上院オフィスビルのロタンダで開催されました。出展された写真は、人道的なニーズを満たし、平和を奨励し、国際理解を促進するライオンズの世界規模の取り組みに対する認識を高めました。
  • 全米から集まったライオンズクラブ会員は、ワシントンDCでホワイトハウス・スタッフ及び米国政府関係者とともに、ライオンズクラブ会員が変革の旗手であることを再認識しました。
  • • ライオンズは、米国の下院と上院でそれぞれ293人と70人の共同提案者を確保して、「ライオンズクラブ国際協会100周年記念硬貨法案」を可決させることができました。この法案は、2012年10月5日にバラク・オバマ大統領が署名して法律として成立しました。 
  • • 2014年3月、ライオンズのリーダーたちは、ワシントンDCのキャピトル・ヒルでのライオンズ・ヒル・デー初開催(ヒル・デー)の一環として、連邦議会議員たちと会談しました。
  • 2017年6月7日、カンザス州のジェリー・モラン上院議員が、ライオンズクラブ国際協会の創立100周年を記念する超党派決議案について上院の議場で発言。 決議事項S. Res.174、全会一致で決議モラン議員は長年のライオンズ会員であり、ライオンズクラブ国際協会100周年記念硬貨法案の共同提案者でもあります。

お問い合わせ

詳細については、governmentrelations@lionsclubs.orgまでご連絡ください。

トップへジャンプ